スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察とNHKに遭遇、大山・夏山登山道写真レポート(下山・おまけ編)

Category : ○〈鳥取〉の山!
652_large.jpg


鳥取県の大山(日本100名山)に登った記録です。
ここまでの道程はこちら↓

登山口〜5合目直前までのレポート
5合目〜山頂までのレポート



-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-

12:00 山頂着

着いた頃はかなりガスっていた山頂ですが、

919_201205daisen.jpg

ほんの数十分の間にすっかり見通しが良くなってきました。

67-1205dai.jpg

やったー!
モヤがかっていて幻想的な大山も素敵だけど、
なってったって中国地方最高峰!やっぱり景色は見たい!

そんな山頂では登山の方が集合写真を撮ろうか?と声をかけて下さり、

68-201205daisen.jpg

ちょっと写真に覚えがあるとの事で、とってもキレイに収めて頂きました^^

70-201205daisen.jpg

今日の登山は時間がたっぷりあるので、山頂ではのんびりめのお昼ご飯。

止まっている時は防風の上着を着ないと寒いです。
寒いだろうなーと予想していたので、みんな温かめのご飯を用意していました^^
携帯用のカルボナーラとか、スープ春雨とか、カップラーメンとか。

71-201205daisen.jpg

(カルボナーラはぬくくないか;)

私はいつもパンとかおにぎりとか簡単な物が多いのですが、
この日はパスタを茹でてみました。

と言っても、湯で時間4分のサラスパを茹でて高菜ふりかけ&マヨネーズをかけただけ^^

73-201205daisen.jpg

ザ・ジャンクですが、意外に美味しいです。
多分、家で食べたら不味いんだろうな^^

食後の紅茶など飲みながらまったりしていたその時、向こうの方に見覚えのある人影!

74-201205daisen.jpg

かつーん夫婦がやってきました!

私達は前泊しての朝から登山でしたが、彼らは早朝に自宅を出てやって来ました。
私達より大分遅くスタートしたはずなのに、流石、早いー!

75-201205daisen.jpg

大山はまで大阪から4時間程なので、運転してくれる人さえ大丈夫なら日帰りも可能ですね^^
私達は宿泊場所があったからのんびり日程ですが、日帰りの人の方が多そう。


2人が合流しても着ている物の色がかぶらない奇跡★

76-201205daisen.jpg

モンベルが多めなのは地元愛。
ファイントラックも神戸の会社だから愛です(笑)


大山は単独峰でまわりに高い山がないので、頂上からの眺めは最高です。
眼下には日本海も。
山頂も360度の見晴らしで最高!

79-201205daisen.jpg

冬にはこの山頂小屋も屋根だけになるくらい雪が積もって、
とっても険しい表情の山になるようですが、5月の大山はとても穏やか。

80-201205daisen.jpg

前回来たときは、この日中に高速バスで帰宅というスケジュールでしたが、
今回は今晩もこちらで宿泊予定なのでのんびりできる〜
ちなみに、GW中なので前回の高速バス、すっっっごい渋滞しました!
終電ぎりぎりになった記憶が…

日が出て来てからは気温も上がり、ホントにのんびりできました。

78-201205daisen.jpg

なんだかんだでここでの休憩は2時間15分ほど…(´v`)
一眼カメラマンが3人もいたので、写真撮影も楽しんでいるようでした。



存分に休憩して、14:20 下山開始です。

81a-201205daisen.jpg

下山の、山頂〜6合目までが私は大山で一番好きです。

整備された木道からの高度感のある下り階段。
眼下の景色を眺めながら爽快に下山できます!

まずはこの天空の木道!!

77-201205daisen.jpg

幻想的なこの風景。
緑が覆い茂っている季節にも来てみたい。

かつーんさん撮影のこの写真↓が、まさに私が一番気に入っている風景です。

82-201205daisen.jpg

眼下には広々とした平野…日本海、素晴らしい高度感!!!!
快適な体温をキープしてくれる爽やかな風!

全部が素敵!

83-201205daisen.jpg

木道を過ぎると6合目まではこんな下山道。

84a-201205daisen.jpg

すっかり春を迎えた眼下の平野と、まだ春が訪れたばかりの大山。
下って行くごとに季節に追いつく感じ。

とにかく高度感が爽快。

85-201205daisen.jpg

登って来た時には沢山あった雪も大分減った様でした。

86-201205daisen.jpg

15:20 6合目到着
あれ?コースタイムではここまで山頂から40分のはずが1時間かかってる!
20分遅れてます。途中の絶景Pointに鳥がいて撮影とかしてたから?
それまでの木道でものんびりしてたからかな…????

6合目でもまたのんびり5分休憩。
6合目につくと展望がなくなるので、ここからは普通の下山道って感じです^^

15:35 行者別れ(5合目付近)到着

88-201205daisen.jpg

ここからは元谷方面へ。

登りと違うコースを行きます。
違うコースといってももちろん階段。
最初から最後まで階段ばかりの大山です。

1-2012051209_large.jpg

高度が下がって段々暑くなってきました。

この階段のくだりは30分程。
おしゃべりしていたらあっという間の距離です。
写真を沢山撮りながら下山しました。

いっとすが山ガール風に撮ってくれたショット♪

90-201205daisen.jpg

さっきの分かれ道からコースタイム通りのぴったり30分後、元谷に出ました。

2-2012051209_large.jpg

背後には大山北壁。迫力があります!
上級者コースになるとあの辺りのどこからか下山するようですが、
道の様な物は見えない…砂滑りで下山するそうですが、あの角度を???

92-201205daisen.jpg

ここもとても休憩に気持良い場所ですが、今回は通過するのみでした。
ここからは後40分くらいの道程。

林の中のなだらかな道を下ります。

93-201205daisen.jpg

新緑がキレイな細い道。

94-201205daisen.jpg

ここまで来ちゃうと、大山の下山はほぼ終了という感じ。
あとは参道を通ってスタート地点の情報館に戻るだけです。


大神山神社奥宮到着。

95-201205daisen.jpg

出雲國神仏霊場、第9番。
私にはあまり解りませんが、全国最大級の壮大な権現造りだそうです。
大山自体が中国地方屈指の霊峰だそうですが、
パワー的ななんとかを全く感じない私(と友人達)なのでその辺はむにゃむにゃ…

96-201205daisen.jpg

石の階段を下るとなだらかな石畳の道。
神秘的な雰囲気??かどうかは解りませんが、キレイで気持ちの良い道であることは確かです。

97-201205daisen.jpg

天気も時期もよかったのでとても素敵でした。

17:05 下山終了ー!

なんということでしょう!下山に2時間45分もかかっていました(笑)!!!
コースタイムは2時間くらいのはず…??
そんなに遅かったかな…でも記録があるし…

原因不明ですが、とにかく遅かったみたいです。
ささーーっと登って普通に下ればお昼を入れても
5時間以内でさらっと終わるみたいですが、私達は1日がかりで楽しんだって事で^0^

もう夕方だしお腹ペコペコだし、近くでご飯を食べて無事大山登山は終了しました。

98-201205daisen.jpg



〈登山のおまけ〉

次の日、希望者だけで島根県松江市にある松江城、
その後、月山富田城跡に行きました。

松江城天守閣から見えた、

101-201205daisen.jpg

サービス精神旺盛なお侍さん。

103-201205daisen.jpg

お侍サーーンと上から呼んだらこの対応 (*^∇^*)ノ
その後一緒に写真を撮ってもらいました。

014-201205daisen.jpg

その後は移動して島根県安来市にある月山富田城へ。
お山の上にある山城なので、ちょこっと登山です。月山(標高197m)ですが(笑)

105-201205daisen.jpg

ちゃんと登山道って書いてありましたよ。

短いけど割と急坂な七曲りとか、

106-201205daisen.jpg

田舎の裏山って感じの道とか、

107-201205daisen.jpg

お花畑とか、

108-201205daisen.jpg

木登りとか、

112-201205daisen.jpg

ちょっとした穴で、

113-201205daisen.jpg

貞子ごっことか。

114-201205daisen.jpg

2泊2日でのんびりと鳥取・島根を楽しみました。

115-201205daisen.jpg


警察とNHKに遭遇、大山・夏山登山道写真レポート(前編)
警察とNHKに遭遇、大山・夏山登山道写真レポート(後編)
・警察とNHKに遭遇、大山・夏山登山道写真レポート(下山・おまけ編)←イマココ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/03 08:52)

松江市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新コメント
プロフィール

yamaunchi

Author:yamaunchi
大阪市在住です。
市内から日帰りで行ける
場所で主に遊んでます。

FC2カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。