FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金剛山。探検コースを行くの巻!

Category : ●〈金剛山地〉2011〜2012
大阪府民に馴染みの深い金剛山。
でも、単品で登るとちょっと物足りない金剛山。
だけど、やっぱりなんか親しみ深いからちょいちょい行ってしまう金剛山。


これまた1ヶ月前の記録になるのですが、
ある春の雨の日。

ちょっとした目的を持って金剛山へ行ってみました。


金剛山登山口バス停からいつものようにスタート。
小雨です。午後から雨の予報でしたが、そこそこしか早起きできませんでした…
なので下りは午後。雨にになりそう;;

12年3月金剛山001

今回の目標は、前にたまたまフラーっと入った『カマ谷』?コースをリベンジする事!
前は大雨で視界が悪かったから道が途中からわからなくなり、
仕方なく戻ってスタートから別の道で登り直したんですが、
やっとリベンジする機会がやってきました!

前の日記→初めてのテント泊+雨登山+プチ縦走!(その1)


みんなで行くハイキングの時はあやふやな道に挑戦出来ないので
なんちゃんと2人の時で、金剛山の時を狙ってましたが、
なんだかんだで1年経ってしまいました;
しかもまた今回も雨だし!!!


いつもの車止め。
今日はフルオープンでした。
本当はここを真っすぐ行くんですが、橋を渡らずに写真の右奥の道へ進みます。

12年3月金剛山004

とゆうのも、ここはどうなってるのかな〜?と、見てみたかったから。
やっぱりありました。立ち入り禁止の看板!
一年前に見た時もありました。

12年3月金剛山005

2010年の年末にたった一度登ったきりの『タカハタ道』
ラクチンなコースながらも沢があったり、
ちょっとだけ岩場もあったりして楽しかったのでまた行きたいのに…

でも、立ち入り禁止の看板がちょっと移動してる気もします。
しかも、山頂から下りで来る場合、上の方には立ち入り禁止の看板がなかったという
記事もちらほら見かけます。。。。。

禁止は解かれているのでしょうか????
謎です……


以前たまたま見つけた登山口へ到着。

12年3月金剛山008

看板などは無いので、この木と、細い枝につけられたテープが目印です。
しっかり踏み固められてるので目印無くてもわかりそうですが…

前に来た時と結局同じような天気だからか、
前と同じようにおどろおどろしい雰囲気??
でも、雨がまだなんとか降って来てないから大分マシでした。

12年3月金剛山014

今度こそこの赤いテープを見失わずにゴールするぞ!!!


入ってすぐの所にあった看板。
『ここはカマ谷ではありません。』

12年3月金剛山015

カマ谷ではありません。?!
カマ谷ではないのかぁ。。。
でも何谷かは書かれてない。。
後、『(釜)谷中、または左上の尾根道は……』の部分の
谷中というところの意味がわかりませんでした。

誰かここですれ違ったら質問もできたのですが、
前回も今回もこの道を行っている間、他の登山者の方とは会う事はありませんでした。

12年3月金剛山020

人気の無い道?っぽいです。
先頭を歩いていると顔の高さにクモの巣だらけ。
小枝を振り回しながら、赤いテープを辿っていきました。

ちょっとした沢の中を進む感じで結構楽しいと思うんですが、
なんで人気ないんでしょう。
道が整備されていない感じも冒険っぽくて楽しいし!

12年3月金剛山021

前回道を見失った地点に来ました。
前回は大雨降ってくるし、荷物は重いし(テント泊だったので)で、
余裕が無かったので見落としていましたが、
途中で右に曲がる道にテープがついていました!

ここまではずっと真っすぐだったので
この分岐に気がつかずに真っすぐ進んで、どんどん道が草で茂って
進みにくくなったので後退したのですが、ここで曲がっていたのかぁぁ。。

12年3月金剛山025

確かに、改めて見るとここだけ不自然にテープがいっぱいついて
注意を促していました。
「ここ、注意ですよー!」みたいな感じで!

一回気がついてから見るとわかる事も、
わからない時には3人いてもわからない物なんですね><

折角なんで、真っすぐのコースももう一度確認してみました。

12年3月金剛山027

うーーーーん……

行けそうなような。。。でも、テープ見当たらないからなぁ。。
しかもさっきよりもっとクモの巣多いし。
やっぱりこっちは道では無い気がします。

引き返して、分岐の所から細い道を登ります。

12年3月金剛山037

写真ではわかりにくいですが、横は結構角度あるし、
すれ違いにくそうな道。
道が狭いからこのコース不人気なんですかね。

確かに、沢道を行きたかったらタカハタ道とか、カトラ谷に行けば言い訳で、
ここはどっちつかずのマイナーコースなのかも。

細い道を登り切ると尾根道に出ました。
どうやらタカハタ道と合流したようです。
合流地点には立ち入り禁止等の看板が見当たらなかったのでそのまま進みました。

12年3月金剛山042

途中にあった、べろんべろんの木。

12年3月金剛山045

ここからはちょっとした急坂登りです。
この写真お気に入り☆

12年3月金剛山047

久しぶりの急坂だーーーー!!!わーい!!!!
と、テンション上がって突っ込みましたが、
ものの数分で息があがる……

12年3月金剛山049

うぅぅ…しんどい……

半年程登山を休んでいた体にはキツい…
こんくらいの坂道が堪える程衰退してしまった自分にげんなり…
荷物も最小限なのに駄目ですね。
徐々にまた体戻して行く為に山登りしよっと。。

急坂をひぃひぃ登る私の目の前を軽快に駆け下りてゆく女性。

12年3月金剛山059

羨ましい!
でも、どちらに下られるんでしょうか、タカハタは看板立ってたし、、
やっぱり下山に使うのはokなのかな…?
結局謎は謎のままでした。
(調べても皆さんも謎な感じで通ったり通らなかったりするようでした。)


雨が強くなってきました。

12年3月金剛山068

でも、ここまで来れば山頂はもう少し!
私、後から見たらザックカバー上下反対につけてました;

12年3月金剛山076

山頂に到着。

12年3月金剛山084

人が沢山でした。
雨なのに雨具を持ってない男子学生の集団から、
上下完全装備の方々まで、50人以上は山頂にいらっしゃいました。
雨でも人気な金剛山!


雨が降ってからは寒くなったし、
どんどん強くなる予報だったので、
そそくさとラーメンを食べて退散することにしました。

12年3月金剛山081

下山道は今まで行った事の無い道で行こうと言っていたのですが
この雨ではちょっと…ねぇ。
いつもの千早本道で下山。

早めに帰宅した1日でした。
たまにはさらっと山に行くのもいいもんだな。



おまけ。
金剛山の残雪かまくら。どろどろwww

12年3月金剛山079
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Comment

>藁のかかし さん

嬉しいメッセージありがとうございました!!!
なのにお返事遅くなってすみません。。
忙しくて更新がとびとびになる事が事前に解っていたので
いっそズバッとお休みしてしまいました。
でも、後から考えたら一言お休みする事を書けばよかったなぁ、と今は後悔してます;


>途中コースが崩れていたり崩れたコースの鉄筋がむき出しになってそこをよじ登ったり45度ぐらいの急坂を木から木へ移りながら登ったり

すごいですね!
釜谷とはそんな所なんですか><!!
すごく興味が出てきました……是非行ってみたいです☆
釜谷はあまり他の人のBlogでも詳しく説明されていないので、
私も詳細を解明してみたいです。
藁のかかしさんが先にリベンジを達成された際には是非教えて下さい!

>ちなみに、そのザックはオスプレーですか?
そうです。レディースの36リットルだったと思います。
レポですが、仕様感はかなりいいです!
前にマムートのザックを使っていたのですが、こちらの方が荷物が軽く感じます。
あと、背中がしっかりしているので、腰にちゃんと荷物が乗る感覚があります。
でも、私はこのザックでまだ2個目なので(他はカジュアルな20リットルとかしか使った事無いです)
あまりアテにならないかもしれません><
しかも背中の長さがかなり短いので標準的なレディースではサイズが合わないですし…
すみません。

ザックはつい先日新しい物も購入したので
それで良ければまたレポします//
良かったらまた色々聞かせてください!

こんにちわ!

>wacky さん

お返事遅くなってすみません;;
訪問有り難うございます。
コメントもありがとうございます!

すみませんが、友達つながりの身内だけで細々とやっているので、
特に募集はしていないです。
また良かったらブログ見に来て下さいね。
非公開コメント

カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新コメント
プロフィール

yamaunchi

Author:yamaunchi
大阪市在住です。
市内から日帰りで行ける
場所で主に遊んでます。

FC2カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。