FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変だった六甲縦走大会レポート(前編)

Category : 六甲全山縦走大会
001_六甲縦走2

先週の日曜日、神戸市が主催する『KOBE六甲全山縦走大会』に参加してきました。

結果から言うと、完走はしたんですが、
足切りタイム30分前のギリギリになんとか滑り込んだゴールでした。

しんどかった…
3日たったのでそろそろ筋肉痛も治り、しんどかった思い出も薄れつつありますが、
17時間と5分ハイキングし続けたのは流石に長過ぎたです!

私は、登山で足が痛くなるとしたら、
太ももでもふくらはぎでもなく、大体が足の指>足首>膝。の順番なんですが、
今回は足首でした。特に今回しんどいと感じたのはアスファルト道。
人より歩幅が小さい分、平坦道の早歩きが一番辛かったです。

アスファルト道嫌い。
登山の大会中ははがしてください。山道をください。
平坦なアスファルト道より山道の登りをください。
下りのアスファルト道より急坂登りをください。
もうアスファルト道だったら階段の方がまし。階段をください。

いや、あと、アスファルトと同じか、それ以上に嫌いなものありました。
夜の下り。

夜の下り山道は大の苦手です。。。
夜の下り山道を歩かないでいいなら後2山登ったっていい!ってぐらい苦手です。
だから、今回の縦走大会は日没後5時間も歩いたのが一番辛かったです……




縦走大会のスタート時刻はAM5時~7時。
電車で行っていたのではベストな時間にスタートできないので
今回も友人の力を借りて送迎してもらいました。
無事参加出来るのも、真夜中に送ってくれるお友達のお陰です。。。。

02_六甲縦走2

六甲縦走は違う大会を含めると2回目。
前回は3月に行われている兵庫労山会主催の『六甲全山縦走大会』でした。
※その時のレポートはこちら(前編後編。この時は好タイムで明るいうちにゴールしました)

今回の参加メンバーは、
地下さん、なんちゃん、舞子さん、わたしの4人。

兵庫在住の舞子さんとは現地集合にし、
大阪組は真夜中に出発し、3時すぎにはスタート地点に到着しました。

スタート2時間前ですが、すでに何百人か並んでいます。

04_六甲縦走2

この日は幸いにもあまり寒くなかったから良かったけど、
冷え込む日だったら大変そうですね……
じっとしてる&アスファルトに座っていると冷える!
私は薄手のダウン上着と薄手ダウンのパンツ、ゴアテックスの上着を着ていたので
丁度~ぬくぬくの間くらいでした。


今回の大会は兵庫労山会主催の大会より3km長い全長56kmです。
前回は16時すぎのゴールだったのですが、神戸市主催の大会の方が参加人数が
遥かに多く、混雑すると聞いていたので、混雑分と+3キロ分を考えて
前回よりも2時間遅い18時を目標にしていました。


<<装備>>
●20リットルのザック
●トレランシューズ(ローカット、防水)
●厚手のウール靴下(多分冬用)
●ダブルストック
●帽子
●手袋(指が出てるタイプ)
●速乾性タンクトップ+Tシャツ
●タイツ(カラフルだけが取り柄。ノンサポートタイプ)
●山スカート(中が短パン仕様)
●アームカバー
●(ザックにブラ下げた小さいポーチに)塩飴・キャラメル・チョコレート各3つ

<<ポケットの中身>>
●リップ
●汗ふきタオル


<<ザックの中身>>
●ゴアテックスの雨具・上(パンツは置いてきました)
●ヘッドライト
●ハンドライト(胸のあたりに固定して真下を照らす用)
●水筒2個にスポーツドリンク(1ℓ&500ml)
●500mlのペットボトルに水(これは無くなれば買い足す予定で)
●軽い防寒着=極薄のジャケット、レインウェアを兼用
●本気防寒着=長袖ダウン&ダウンパンツ
●塗る湿布薬
●絆創膏沢山
●ゴミ袋3枚
●日焼け止め
●コンパス
●地図
●防水バック2個(ザックカバーは持たず。中身を防水に)
●ネックウォーマー(日差しが強かったら日よけに使う用)


<<食べ物>>
●(スタート直前)みかん1個
●(スタート直前)おにぎり1個
●(スタート直前)菓子パン1個
●(スタート直前)大福1個
●(スタート直前)野菜ジュース
●(スタート直前)栄養ドリンク
●梅干し3つ
●おにぎり2個
●菓子パン1袋
●大福1個
●一本満足的なバー(カレー味×2)
●クッキー2枚


装備詳細はこんな感じ。
余計だったなと思ったものは無し。
足りないと思ったのは塩気のある食べ物&肉っけ。
次回は唐揚げとかウィンナーとか、せめて練り物とかそうゆうものを持ちたいです。



みんなでしゃべったり、おトイレに行ったりしていたら
そろそろ出発時間に。。。。

18_六甲縦走2

5時ちょっと前からぞろぞろ前進し、5時5分にスタートする事が出来ました。
今回はなんと、なんちゃんが一眼携帯で縦走に挑みます!
なので前回より写真沢山★

スタート直後です。

21_六甲縦走2

気温は最適。
半袖+アームカバーでも大丈夫。止まるとちょっと寒いぐらいでした。



スタート直後の階段は飛ばしすぎず、
平坦~軽い登りではゆっくりすぎず。早歩きで。
前回と同じくらいのペースを意識して、様子を見てはちょこちょこ追い抜かしながら。

須磨浦公園→鉢伏山→旗振山。

途中、明石海峡大橋をちら見したりして。
鉄拐山を過ぎたら、一気に住宅街へ下ります。

26_六甲縦走2

須磨浦公園→鉢伏山→旗振山→鉄拐山からの住宅地。
ずっと人はいっぱいでしたが、みんな早歩きなので止まってしまう様な渋滞はなし。
登りが詰まるかな…って感じでした。

住宅地(高倉台)に降りたのはスタートから50分後(5:55)でした。
前回の大会では40分だったので。ちょっと遅め。
ここではバナナを売っていました。
スタート直後なので買い求めてる人は見なかったです。


次はいつまでたっても読み方を覚えられない栂尾山(とがお)へ。

33_六甲縦走2

栂尾山の登りと言えば
400階段と呼ばれている(らしい)一直線の階段登り。

ここは息があがってしんどいけど、なぜかそんなに嫌いじゃない感じ。
縦走の時はまだ暗いから涼しくて登りやすい感じ。
しかも縦走の時は込み合うポイントなので必然的にゆっくりになり
楽に登れるから何ともない箇所です。

ただし、暑くなければ。
前に縦走以外で日中に登った時はなかなか憎たらしい階段でした。

栂尾山山頂はたぶん、スタートから1時間15分後の6:20くらいだったと思います。
中々良いペース。

大分明るくなった6:30。馬の背通過です。

50_六甲縦走2

やっぱり詰まってましたが、
この辺りにいる人はみんな同じくらいのペースで歩いているので
止まる事はありません。ぞろぞろっとややゆっくり進む感じでした。

54_六甲縦走2

馬の背を過ぎて東山までの登りが詰まってました。
10分ぐらいの短い箇所ですが、最後にちょっと急坂があるからだと思います。
私と地下さんはちょっとでも道が広くなる瞬間を狙って抜かしていましたが、
常識人の舞子さんとなんちゃんは渋滞の中ちゃんと並んで歩いてました;

今回はのんびり行くって決めてたんだった!
ハッとしてここからは抜かすのを自粛しました;;

ここの下りは道がなだらかなので早足で駆け下りて横尾の街へ。
30分ほど市街地を歩きます。

06:52
61_六甲縦走2

市街地を抜けたら高取山へ。

住宅地と山道あわせて30分ぐらいの登り。
高取山の登りでとうとう地下さんは見えなくなってしまいましたw
ここまでは私達に合わせて来たけど、やっぱり走りたくなった模様…
みんなも想定内だったので、誰も驚かないですが^^/

高取山山頂(高取神社付近)を07:39に通過。
舞子さんより先に来てしまっていたのでトイレ休憩&エネルギー補給がてら
ちょっと待ちました。

5分ほどで舞子さん合流。各自おにぎり1個補給。

72_六甲縦走2

ちょっと長めに15分ほど休憩して、07:50に出発。
前回と比べると若干のんびりペースなので、30分ほど遅かったようです。

また下山して、今度は丸山の市街地へ。
ここのアスファルト道が前半ずっと登り坂で結構疲れるポイント。
でも、ここできりっと気持ちを引き締めないとだらける!
だから唯一のコンビニも無視するのだ!
と思ってたけど、なんちゃんの水が尽きたのであっさりコンビニに寄り道。。。。

74_六甲縦走2

だらけて参りました。

前回良い記録で完走出来たおごりが出て来てます。
良くない兆し。

私達の様子を見ていた高校生の集団もコンビニに寄り道。
ストイックなおじ樣方はそれを横目に足取りを緩めない。
勝ち組と負け組(候補)の図が出来上がっているのを感じました。

菊水のCPは08:52
地味ーにエリート集団からは遅れをとってるものの、まぁ良いペース。

おにぎり8個持参の舞子さん。すでに何個目かのおにぎりを補給。

83_六甲縦走2

だらけムードながらも順調にいっていた用に見えた縦走。。。。
しかし事件が起こってしまいました。。。
この辺りからなんちゃんの足に不調が。

でもまぁ、3人とも縦走完走経験者なので、今回は完走さえ出来ればいっかと切り替えて
ここからは歩くペースを落とす事にしました。
私自身もこの時点で前回よりは疲れていました。

その原因は3つ!!
(1)ただ歩くペースを落とすだけなら良かったのに緊張の糸も切ってしまった。
(2)前回いけたというおごりから体調管理をなまけ、直前に体重を3キロも増やしてしまった。
(3)前回いけたというおごりから体力作りを全くしなかった。(普段の山歩きさえ休みがちだった)

完全に2、3が大きく影響。
お陰で、得意だと思っていた菊水山の登りも、人並みにしんどい登りになりました。
菊水山山頂到着の時間は記録してなかったので不明。
なんちゃんが到着したのは09:45ごろでした。

(前回は全然座らなかった私ですが、今回は座りまくって余計に疲れてる;;)
84_六甲縦走2

この時点で前回のラップタイムの1時間遅れでした。
菊水の登りでなんちゃんの足もつりそう状態から戻らなくなってしまったので
ここでも大休止。
だけどなんちゃんの足は良くならないし、体が冷え、お腹は減るばっかりです。
辛い戦いになりそうな予感。。。。


後半に続きますが、後半は『こうなったら悪い方向にしか転がらない』の巻です^0^/

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Comment

>たかしさん

コメントありがとうございました!!!
自分が伝えたい部分を感じてもらえているようで、
嬉しいかぎりです。
大袈裟な言い方ですが、記事を書く励みになりました/

たかしさんは、お若いうちから山に出会っていて羨ましいです。

山は私も始めは山登りしている人が周りに少なかったんですが、
激しく勧誘する内に仲間が増えました^^;
始めはちょっと強引でも、一回一緒に行けば
みんな山登り楽しい!ってなるようなので、
1度、無理矢理お友達を引っ張っていくのはどうでしょうか?^^?!


後々、六甲が近くて羨ましいです^^
こんな時期から毎週トレーニングしているなんて、
大会が楽しみですね!
やはり上位入賞を狙ってらっしゃるんですか??

私も今年も大会には出るつもりですが、
11月にするか、3月の方にするかまだまだ検討中です^V^
3月は空いてていいので…

金剛山の縦走も来年は出たいなーと考えています!
せっかく同じような山を歩かれているようなので、
是非またコメントしてもらえたら嬉しいです/

はじめまして。

MSRハバハバで検索していて辿り着きました。
何度も拝見して、やっと我が家にも来ました。
そしてお山にも興味が出てきた今日この頃。
なんどもお邪魔させていただく事になりそうです。

ジューソー

縦走あなどれんね、やっぱし。

最後の写真、最高に好きです。

No title

体が冷えておなかが減るばっかりとか悲しすぎる><
今回は偉い大変だったんだねー。
お疲れさまだよー。

六甲縦走、お疲れさまです

初めて書き込みさせていただきます、ふようほうと申します。
大会完走、お疲れさまでした。

私は六甲全山縦走はこれまで制限時間を気にすることなく個人的に何回か歩いていたのですが、今年は練習を重ねて初めて大会参加(11月13日の部)しました。大会参加にあたって参考になる情報はないかと「六甲全山縦走 制限時間」の語で検索をかけていろんなページを見たなかで、こちらのブログの春の縦走大会シリーズを拝見させていただきました。特に朝のスタート地点に行くまでどうするか、何時に行くかなど参考にさせていただき、おかげさまで制限時間内にゴールすることができました。ありがとうございました。

今回はかなり苦戦されたご様子ですね。
yamauchiさんも本調子でなく、またお友だちの脚の具合も良くないなか、
   後半は『こうなったら悪い方向にしか転がらない』の巻
の文言も気にかかります。
菊水以降の話、お待ちしています。
非公開コメント

カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新コメント
プロフィール

yamaunchi

Author:yamaunchi
大阪市在住です。
市内から日帰りで行ける
場所で主に遊んでます。

FC2カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。