FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者には厳しい?!武奈ヶ岳登山★

Category : ○〈滋賀〉の山!2010〜2013
もう半月以上前(更新滞りすぎた;;)になりますが、武奈ヶ岳に行ってきました。
武奈ヶ岳は、滋賀県大津市にある、標高1214.4mの山です。
ハイキングではなくて登山な感じの山。

今回はカツーンさんの運転する車1台で行ったので
かつーんさん、まーちゃん、なんちゃん、私の4人での山行でした。


ペアルックのような装いのかつーんさんとまーちゃん夫婦。

710武奈か#12441;岳2-0

登山口近くの“ガリバー青少年旅行村”には9時半に到着。
身支度を整えている間にもバスで続々と人が降りて登山口へ向います。
人気がある山ですね!

ここの登山口には喫煙コーナがありました!
このご時世に?!と思ったけど、山中で喫煙されるのを防止する為でしょうか。

710武奈か#12441;岳2-1

それとも管理している方が愛煙家なのかなw


ここ武奈ヶ岳では、沢を渡ったり鎖で登ったりするコースがあります。
といっても、迂回コースもあるので、
今回は近く迄行ってみて行けそうなら行く、無理そうなら迂回する。という
ルールを4人で決めていました。

710武奈か#12441;岳2-2

とりあえず行けるかどうか判断する為に滝のあるコースへ進みます。

初心者に迂回をすすめる看板があちらこちらに。

710武奈か#12441;岳21

出発前はデンジャーなコース行きたいー!と奮起していた私ですが、
急坂はともかく、滑りやすい岩場は苦手…
大丈夫かな、、、と不安になってきました。。

登山道は岩がゴロゴロしている場所では踏み後を見失いがち。
でも、分岐が来るとしっかりした看板が立っているので
間違えて進む様なことにはなりませんでした。

710武奈か#12441;岳3-1

再度、勧告看板。

710武奈か#12441;岳3-2

初心者用の山しか登らない私、、、
分類したら100%登山初心者の自信、、、、

でも、見て見ないとわからないですもんね、大袈裟に言ってる可能性だって!
かつーんさんとまーちゃんは前回この道を通ったそうなので
私も行ける!と思って進みました。


1つ目の難所らしき所が見えてきました。

710武奈か#12441;岳3-3

先に行っていた団体さんが時間をかけて渡っています。
後ろから、前から助け合って渡っている様子。。。

遠目に見ている分にはそんなに難しい箇所には見えませんでした。


次は私たちのグループの番。
先を行っていた団体のリーダーさんらしき方が
私達を心配そうに振り返って見ていました(助けてくれそうではない^^)


落ちて危険というよりは、足を滑らすと靴が濡れそうな場所。
怖くはないのですが、靴の中は濡らしたくない;;

まずは私が行けるかどうか行ってみる事になりました。


うーーーーーーーん。。。。
ぱっと見はちょっとした所を1歩で渡るだけなのですが、
どう考えても足が届きそうもない……

710武奈か#12441;岳5-0

見た感じは簡単そうなのになんで???
わたり方のヒントがわかってないだけなのかもしれないと思って、
先になんちゃんに行ってもらう事にしました。

なんちゃんが挑戦。

710武奈か#12441;岳5-1

あぁぁ~~。。。。。!!!
↑一瞬で両足とも水没してるーーー!

この鎖、ピーーンとかたく張られている訳ではなくて
あくまで流されそうになったときに助ける用なので
水に落ちないようではない……。

1歩軽く落ちたというよりも、数秒しっかり足首上まで
つかってしまっていました。

もちろん靴は中まで浸水。。。。

710武奈か#12441;岳5-2

こりゃ駄目だ!
靴の中まで浸水したら、帰るまで絶対乾かない~><
今日のコースは登りだけで3時間のコース。。。

無理っぽい。。
冒険は好きだけど、自分の足の事はわかります。。。。
デンジャーなコースにはめちゃくちゃ行きたかったけど
ちょっとでも環境が変わると指先が靴づれしやすい自分の足。。

行きたいけど、行きたいけど、濡れた靴で4時間の登り+2時間半の下り。。
今回は見送る事にしました。

周りの人はどうしているのでしょうか><
まぁ、落ちなければ問題ないんですよね;;


難しいコースは諦め、分岐の場所まで引き返しました。


登山道は、終止細めな道が続きました。

710武奈か#12441;岳4

なにやら人だかりが見えてきました。
奥に見える人だかりは滝の横の岩場を登る道の渋滞です。

710武奈か#12441;岳6

人だかりになっていたコースは初心者お断りのコース。
さっきの事があるので、ここも迷わず迂回コースを選ぶ事にしました。

迂回コースにある唯一の沢をわたる箇所。
足場が作られているし、これくらいなら楽々渡れる!

710武奈か#12441;岳349

変なマークが刻まれた滝壺がありました。
これはなんでしょうか?アート?いたずら??

710武奈か#12441;岳254

ちょこちょこ歩きにくい箇所が。
危ない場所と言う程じゃないけど、気をつけて通るような場所。

710武奈か#12441;岳117

宇宙の花発見!

710武奈か#12441;岳銀竜草

銀竜草(ギンリョウソウ)という名前の草。…花?
名前は優雅だけど、なんかおどろおどろしい><!
この草、汚れて茶色く変色すると、別名の幽霊茸と呼ばれるそうです。


武奈ヶ岳の登りはちょっと長いです。
早い人は2時間くらいで登るようですが、
事前に調べた時には、人によっては4時間かかっていました。
金剛山などと比べると、長め。

そして、私達も登山口から山頂迄、ぴったり3時間でした。

710武奈か#12441;岳355

道は、始めの方は沢、その後森。
ほとんどの場所が展望の無い木々の中です。

最後の最後の登りでやっと開けてきて、、、、

710武奈か#12441;岳174

突然、ばっと空が広がります。

710武奈か#12441;岳9-1

ずっと森の中だったので、この景色は壮快!
ここに来て急に人も多くなりました。

710武奈か#12441;岳9-2

山頂はすぐそこです。

710武奈か#12441;岳9-3

さっき迄と正反対。山頂には全く木陰はありませんでした。

山頂にて。

710武奈か#12441;岳9-5

カツーンさんも相変わらず大きなカメラですね!
重いのにすごい。

ここで昼ご飯にしました。

710武奈か#12441;岳9-9

夏の登山は暑いけど、
冬はと違って防寒着やガスやカイロなどを持っていない分荷物が軽くっていいです★
あ、でも、水飲みな人は水分が重いか……

私は夏、1.5~2リットルでやりくりしてますが、
暑い日だと1.5では心細いかな。
人にあげるかも知れないことを考えるとやっぱり2リットル持って行ってます。


最近小さい保冷バックを手に入れたので、
この日は冷えた生八つ橋を持って行きました。
キンキンに冷たい八つ橋美味しい!

710武奈か#12441;岳9-11


山頂はひろびろしています。
休憩スポットだらけ!

710武奈か#12441;岳9-4

この日もざっと50人以上は山頂にいましたが、
広びろとしているので込み合う感じは全くなかったです。

710武奈か#12441;岳9-7

登っている間には1回も見なかったのに、
山頂にはとんぼと蝶がいっぱいでした。どこから来てどこに行くのかな。

710武奈か#12441;岳9-8

山頂はほんとにお勧め。
360度の展望で。

でも、、、暑いです/

710武奈か#12441;岳9-6

1時間ほどゆっくりして下山。

710武奈か#12441;岳9-10

来た時と同じ道。つまり森の中なので、あまり景色も変わりません。
道が細いので横に並んでしゃべることもなく、黙々と早足で下山しました。

凍った飲物が最高!

710武奈か#12441;岳238

ザカザカと1時間半程ほぼノンストップ下山。

710武奈か#12441;岳60

たまに崩れた道もあったり。

710武奈か#12441;岳253

下山開始から1時間半後。
滝壺のところに戻ってきました。

滝壺近くは涼しくて気持ちいいので、ここで大休止をとることに/

武奈か#12441;岳70

滝壺、透明の水、森の中。。。。

あぁぁ、水に入りたい、、、、
入りたい、、、入りたい、、、、、、、、、、、入ろう!

もちろん水着なんてないので、こんな感じになりましたw

710武奈か#12441;岳276

Tシャツの着替えは持っていたので、
ズボンさえ死守すればなんとか帰れるはず。

ということで、サポートタイツと長袖シャツで水浴びをしました^^
丁度良い感じに冷たくて気持ちよかった~

710武奈か#12441;岳393

鎖の沢道に行けなかったので悔いもありますが、
山頂は奇麗だし、登りがいもあるし、水にも入れたし、
武奈ヶ岳は結構好きな山になりました。



今回の教訓。

●沢に挑戦したいから次回は替えの靴を持って行く(大袈裟ですが…^^;)
●夏に武奈ヶ岳に行く際は水に入れる用意も持って行く




人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Comment

>akiho さん

はじめまして、こんにちわ。
貴重なご意見ありがとうございました。

魚止の滝~障子滝の危険ルートは、もともと無理そうなら絶対に引き返すと
全員で決めて納得してから進んだので、
始めのワンステップでつまずいた時にはダメだと思いました。

男性2人は本当はチャレンジしたかったはずですが、
無理矢理行かなくてよかったです。

>その結果、また初心者が増えるという循環形式となって難儀なさっていると聞いたことがあります。
そうゆうことなんですね!すごくわかりやすくて納得しました。。。
友人にも伝えたいと思います。
看板も多かったですが、どこまでが初心者なのかわかりずらいなと感じました。
初心者=ハイキング数回と捕らえると、
多くの方が『行ける!』と判断されてしまうのもしょうがないかなという風にも思います。

実際、私もハイキングなども含めると50回は山に登っているので
初心者だけど、中級者との間??と思う事があります^^;
100回登ろうが初心者用の山(技術のいらない登山道)ばかりなので
ずっと初心者ですね。体力は多少つきますが。。。

比良山は登ってみたい山、コースが沢山あるのでまた行きます!

>おの@あびこ さん

『1ミスが命に関わるような箇所』ですか><!
怖いけど、達成できたら壮快でしょうね。。。
絶対いつかリベンジします!!

次はマリンシューズか、
ラクチンなハイキングの時に使用しているトレイルランニングの靴を持って行こうと思いました。
沢シューズは、どんなものかは知っているのですが、
使い方等はいまいちわかっていません。あれはそのまま土の登山道も歩けるものなんでしょうか??
それとも、渡る時には履き替えるのでしょうか?

琵琶湖側に下る方も多いそうですね^^
どんな道なのでしょうか、今度調べてみます/

敬意を表します

突然すいません。ワタシは比良山中は八雲ヶ原をベースにその周辺エリアでボランティアとして細々と活動している者です。八淵の滝ルートは私のデイリーの対象エリアではないのですが、その登り切ったところ(今回迂回された貴船の滝の先を進む)に八雲ヶ原がありますので、暑い夏にはよく通っています。
ところで、今回、魚止の滝~障子滝の危険ルートに進んだものの、途中の状況から思い切って戻られたとのこと、そのご判断に敬意を表します。
ところどころに掲示があったと思いますが、そのルート近辺では毎年のように死亡者が出ていまして、今年も4月に20代の女性が亡くなられたと報じられました。亡くなられた方の多くは沢登りの方の様ではありますが、障子の滝近辺は登山道もかなり危険で、本来、クライマーとしての技術がしっかりしている方でないと、リスクが極めて高く、初心者が通るルートではないというのが、比良山をよく知る方々の間の定説です。
ただ、行くなと言われたら行きたくなるのが心情、年々初心者の方が増え、いくら自己責任と言えども高島市ほか関係者にしてみれば放置はできず、上級者でなくてもよじ登れる様に、本来ならなくていい場所に、取っ手や鎖をつけたりし、その結果、また初心者が増えるという循環形式となって難儀なさっていると聞いたことがあります。
進む勇気よりも、今回の様な引き返す勇気の方が賞賛されます。よくぞご判断なさいました!
比良山はルートも多彩で、奥の深いお山です。どうぞ、またのお越しをお待ちしております!

No title

八淵の滝から武奈ヶ岳(八雲ヶ原経由)。ちょうど7月24日に行ってきました。
鎖のコースは1ミスが命に関わるような箇所も何箇所かあったので、
ちょっと覚悟がいるかもしれませんね。でも慎重にいけば大丈夫ではないでしょうか。
次回はぜひリベンジしてみてくださいね~
渡渉は、僕らも苦戦しましたねぇ。
ゴアテックス搭載のハイカット登山靴だったので水深10cm以下のところに足を置いて何とかクリアしましたが、
ズボッといっちゃってても何ら不思議ではなかったですねぇ。
渡渉対策は、渡渉用にマリンシューズのような軽くてかさばらないようなシューズを
ザックに忍ばせておくのが一番手軽かつ有効なのではないでしょうか。
それかいっそのこと沢靴買っちゃうかですね^^

ここは夏だというのに水も冷たくて気持ちいいですね。
ガリバー村起点でピストンにすれば、帰りには水浴びができるからいいですよね。
僕らは武奈から琵琶湖側に下っちゃったので水浴びはできませんでした。
タイツで水浴びしてる写真は遠目に見るとダイビングスーツ着てるみたいです。
シュノーケルとゴーグルが頭に乗っていても何ら違和感がありませんねw
非公開コメント

カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最新コメント
プロフィール

yamaunchi

Author:yamaunchi
大阪市在住です。
市内から日帰りで行ける
場所で主に遊んでます。

FC2カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。